寿ぎ庵

この度、寿ぎ庵は

美味しいものを召し上がっていただく店から

 

「自分をととのえる」場 に変わりました

 

 

“コロナ過”に代表されるように

ここ最近は、特に氣持ちを揺さぶられることが

多いのではないでしょうか

 

こんな時こそ、

自分の中にある「自分の力」を思い出すことが

何より大切だと思うのです

 

 

世の中には、いろいろな“方法”も溢れています

例えば、占いやスピリチュアルなどにも
“頼る”のではなく、それを“活かす”
ようでありたいものです

 

 

ただ、日常の忙しさに振り回されたり

氣持ちが下向きになっていると

自分の存在を小さく価値ないものに感じて

自分に力があることも忘れ去ってしまいます

 

 

私たちがお伝えしたいのは

 

「自分が大切な存在」であることを思い出し

「自分の中には力がある」ことに

 

あっ、そうだった!と、

氣づいていただくことなのです

 

 

 

食事は、“そのため”の特別な

「蓮(はす)料理」

 

今までの美味しい

「蓮根の料理・お菓子」という枠を超え

 

五感で味わう

“今ここ”を意識する

儀式的なものに変わります

 

お一組さま限定の特別な空間で

しっかり体感していただけます

 

 


寿ぎ庵で過ごす至福の時間

食事は特別な「蓮(はす)料理」

寿ぎ庵で過ごす至福の時間
お部屋の様子

今までの美味しい「蓮根の料理・お菓子」という枠を超え 五感で味わう“今ここ”を意識する、儀式的なものに変わります。

 

食べることは、五感をフルに使います。「感じる」ことを最もしやすい = 今ここに居やすいという状態ですから、とても大切な行為なのです。

 

普段、食べることを“おろそか”にしていませんか? スマホを見ながら、次の用事や明日の予定を考えながらの食事は 味も香りも感じたようで感じられず、ただお腹を満たすだけになり 明らかに意識が「今ここ」には居ません。

 

意識が、あちこち飛び回っていて「今ここ」に居ない時には 、そのスキ間に「不安」や「焦り」が入り込んできます。そして 更にそれを大きくするような「思考」が働くようになります。 逆に「今ここ」に居る時、安心な状態である「心の凪」が訪れます。 少なくとも、その間「不安や焦り」からは無縁でいられます。 本当の「自分」に還る“入口”がこの時であり、自分の中の自分と 対話をしやすくなるのも、この時なのです。

 

寿ぎ庵は、まるで神社のように安心安全な「場」の中、心を緩めつつ自分に戻る「蓮料理」を、ゆっくりと、ひとつひとつの意味をお伝えしながら時間をかけて召し上がっていただきます。

 

じっくりと意味を嚙みしめ「食べる」ことに、そして今を「感じる」ことに意識を集中しながら「五感で味わい今ここに居る」ことをしっかりと体感してください。

 

「蓮」を使ったフルコースで、自分を「敬う」食事、そして食事の後は和室へ移動いただき、自分を「慈しむ」甘味を召し上がっていただきます。

 

詳しくは、「至福の時間」のページをご覧ください。


お食事や甘味は「今ここ」に戻るためのものです。単に食事や甘味だけが食べたいというお申し出はお断りさせていただきます。また、ご利用は会員制となっております。ご了承願います。


お香 塗香寿ぎ
塗香 寿ぎ 商品

寿ぎ庵で最初に感じていただけるのが、お香の香り。蓮の花やすみれの花をベースに特別調合された寿ぎ庵オリジナルのお香です。

香りは脳へダイレクトに届くと言われるように、この香りと寿ぎ庵での安心感は潜在意識で結びついています。

香水感覚で香りを楽しみ「寿ぎ庵の安心感」を日常で味わっていただける「塗香(ずこう)寿ぎ」もご用意しております。

*塗香はオンライン販売もしています。
 詳細・ご注文は➡ コチラ



自分と向き合う異次元の間

「蓮」を使ったフルコースで、自分を「敬う」「慈しむ」という二種の食べるという体験を通して「今ここ」に戻った後は、もう一つの和室「異次元の間」に移動して特別な「場」に入り、エネルギーを感じながら自身を満たす時間となります。

 

エネルギーが循環する地点で、スピリチュアルメッセンジャーRumiさん直伝「氣龍神タロット」から“今”の自分に必要なメッセージを引いて、じっくり自分と向き合い、その感情を味わっていただきます。

 

また、お時間があれば、その場でお昼寝していただくことも可能です。

 

ここまで、ゆっくりと味わっていただくのですが、その時間は他のお客様がない静かで“貸切り”の贅沢な空間となります。

 

この時間と空間、そして他では得られない“体感”を通して、自分を生きる“氣づき”を得たり、揺らいだ心を整えたり、心をゆるめて自分に還ったり、恋するくらい自分を好きになったりしていただけたらと思います。

 

寿ぎ庵では、この一連の体験を「至福の時間」と呼んでいます。

寿ぎ庵 お部屋の様子
瞑想

寄り添いながら望む世界へ

架け橋 コンサル

「至福の時間」+ 本当の自分に向き合い「真に望む姿」をあぶり出す、
コーチングをベースとした心に寄り添うサポート、“架け橋”コンサル。

また、それぞれの実践を確認し合う場、「架け橋渡る実践会」へにもご参加いただけます。

会員制について

〈至福の時間とは…〉
自分を「敬う」「慈しむ」という二種の食べるという体験、
「異次元の間」に移動して特別な「場」に入り、エネルギーを感じながら自身を満たす時間を、ゆっくりと味わっていただきます。

その時間は他のお客様がない静かで“貸切り”の贅沢な空間です。

 

 

寿ぎ庵では、この一連の体験を「至福の時間」と呼んでいます。

 

 

この時間と空間、そして他では得られない“体感”を通して、自分を生きる“氣づき”を得たり、揺らいだ心を整えたり、心をゆるめて自分に還ったり恋するくらい自分を好きになったりしていただけたらと思います。

 

 

ここまでご覧いただいたように、寿ぎ庵は以前のような、ただ美味しい食事を提供する場ではなく、「五感で味わい今ここに居る」ことをしっかりと体感いただく「場」に変わりました。

言ってみれば、食事を通した体感の「場」になったのです。正直、初めての方には分かりにくいと思います。

 

この意味をご理解いただいた方以外には、お勧めできるものではありませんので、「至福の時間」については人数を限定した会員制となっております。なお、会員証をお持ちの方がご一緒でない場合、申し訳ありませんがお食事のご利用はご遠慮いただきます。

 


※ワークショップは会員以外の方もご利用いただけます。

 

ワークショップ・イベント

「自分を生きる」ための様々な切り口のワークショップ等を企画しております。こちらは会員制ではありませんので、趣旨にご賛同いただけた方は是非ご参加をお待ちしております。

テーブル茶道 開催予定
  • 自分を見つめるテーブル茶道体験会
    10月26日(火)満席・11月25日(木)・12月8日(水)
  • ▶▶ 詳細はこちらから
  • 感じる・認める 絵本セラピー
    次回は12月開催予定です
    ▶▶ 詳細はこちらから

今後のワークショップ予定

  • 自分へ恋文を書き歓喜天様でご祈祷頂く体験会
  • 絵本の読み聞かせワークショップ
  • 自分を生きている方の講演会
  • 自分を見つめるテーブル茶道体験会